水戸黄門でおなじみの葵紋

家紋名の読み方ってなかなか難しいですね、また古い難しい漢字を使っている場合もありなかなか読むのに苦労する時があります。

また家紋帳の目次も「い・ろ・は」順に記載してあり「あ・い・う・え・お」順に慣れている者としてはちょっと探しにくい面もあります。

下記、家紋名の読み方に仮名を振ってみました。



また現在、確認されている家紋だけでも2万種程度あるといわれています。よってこれ以外にも多くの家紋が、また読み方で難儀するような家紋も存在することでしょう。


水戸黄門でおなじみの葵紋ですが、葵紋にも下記のように多くの家紋が存在します。
また葵紋のゆり等については:家紋として葵を用いるようになったのは、賀茂神社の氏子、丹波の西田氏がはじめてである。

双葉葵は、京都加茂神社の神紋であることから「加茂葵」ともいう。

戦国時代になって三河の松平、本多、伊奈、島田氏が用いた。徳川氏が葵紋を使用したのはあ、三河に入り松平氏を継いだときに、家紋も受け継いだのであろう。

家康が将軍となり葵紋を用いるようになると、それまで葵紋を使用していた松平氏も徳川氏をはばかって、他の紋にかえた。葵紋は徳川氏専用の紋章となった。

葵紋を徳川氏が独占する中で、本多平八郎忠勝のみは家康に抵抗し、本多一門は葵紋を押し通したという。ただし「立ち葵」にしている。


葵紋


葵紋3種

丸に三つ葵(まるにみつあおい)/尾州三つ葵/会津三つ葵/丸に陰三つ葵(まるにかげみつあおい)/守山三つ葵/出羽三つ葵/平隅切りに三つ葵(ひらすみきりにみつあおい)/平隅切り鉄砲角に三つ葵/丸に中陰三つ葵(まるにちゅうかげみつあおい)/剣三つ葵(けんみつあおい)/三つ軸違い葵(みつじくちがいあおい)/花付き三つ葵/三つ蔓葵に抱き茗荷(みつつるあおいにだきみょうが)/片手蔓三つ葵/蔓三つ葵/蔓葵片喰(つるあおいかたばみ)/蔓違い三つ葵/変り三つ蔓葵/細輪に四つ葵/中輪に剣四つ葵/五つ葵/幼剣五つ葵(ようけんいつつあおい)/五つ葵に檜扇(いつつあおいにひおうぎ)/剣五つ葵/花付き五つ葵/水戸六つ葵/番州六つ葵/紀州六つ葵/松平六つ葵(まつだいらむつあおい)/津軽六つ葵/六つ葵梅鉢/六つ葵車/本立ち葵/丸に変り花立ち葵(まるにかわりはなたちあおい)/水に立ち葵/立ち葵菱/石持ち地抜き立ち葵(こくもちじぬきたちあおい)/三つ割り立ち葵/本多束ね葵(ほんだたばねあおい)/裏葵(うらあおい)/陰一つ葵/糸輪に豆葵(いとわにまめあおい)/割り葵/入れ違い割り葵/花付き割り葵/三つ割葵/蔓付き三つ割り葵/浮線葵(ふせんあおい)/変り浮線葵/四つ割り葵/糸輪に花葵菱(いとわにはなあおいびし)/二葉葵/花付二葉葵/二つ蔓葵丸/変り葵の丸/花付き追い葵(はなつきおいあおい)/蔓に三つ葵丸/三つ葵の丸/葵の丸/葵草丸(あおいくさまる)/変わり蔓葵丸/向こう花葵/中陰五つ捻じ葵(ちゅうかげいつつねじあおい)/葵桐/花葵桐(はなあおいきり)/葵蝶/


朝顔


朝顔2種

痩麻の葉(やせああさのは)/陰麻の葉(かげあさのは)/雪輪に麻の葉/真麻崩し(まあさくずし)/丸に真向き麻の葉/比翼麻の葉(ひよくあさのは)/丸に麻の葉桐(まるにあさのはきり)/持ち合い麻の葉(もちあいあさのは)/三つ割麻の葉(みつわりあさのは)/外三つ割麻の葉(そとみつわりあさのは)/麻の花(あさのはな)/麻の葉車(あさのはぐるま)/


葦紋


葦1種

割り抱き葦(わりだきあし)/違い葦(ちがいあし)割り抱き葦(わりだきあし)/違い葦(ちがいあし)
sn_itmfv_l at 11:14│clip!家紋の由来 | 家紋名