家紋入りネクタイ-丸に抱き角紋は鹿の角をイメージした紋です。



抱き角紋」は「抱き鹿角」ともいわれ鹿の角をあらわしたもので、清和源氏系統の諏訪氏、桓武平氏系統の君島氏、藤原氏秀郷流の近藤氏などが使っていたものです。


古来、鹿は神の使いとされており、とくに奈良の春日大社の鹿は有名ですが、ここの鹿は、鹿島の神が鹿に乗ってきたことから神の使いとして神聖視されていました。
また諏訪信仰の鹿も有名で、これは七十五頭の鹿を生贄として供えたという諏訪明神の神事によるものだそうです。

丸に抱き角



家紋としての「抱き角」などの鹿角紋は、こういった各地の神社とのゆかりや尚武の心から用いられるようになったようです。
家紋-丸に抱き角

近藤氏の場合、その祖神が春日神社に祀られているところからの由来だと思われ、諏訪氏や、各地の諏訪神社の神職の流れをくむ青木氏などは、諏訪大社の神事から由来したものと考えられます(他にも色々と説はあるようですが)。

鹿
奈良公園での鹿

11月15日に奈良公園に行きました。
この時期には鹿の角は落とされた後でした。


十大家紋の家紋入りネクタイ

家紋ネクタイ・片喰紋
家紋ネクタイ・藤紋
家紋ネクタイ・桐紋
家紋ネクタイ・茗荷紋
家紋ネクタイ・沢潟紋
家紋ネクタイ・鷹の羽紋
家紋ネクタイ・蔦紋
家紋ネクタイ・柏紋
家紋ネクタイ・橘紋
家紋ネクタイ・木瓜紋



sn_itmfv_l at 14:10│clip!家紋入りネクタイ | 家紋の由来