葵紋の家紋ネクタイの受注状況から・

葵紋の家紋ネクタイに関しては下記の3種類の葵紋のご注文をいただいております。

徳川葵紋 / 丸に一つ葵紋 / 丸に右離れ立ち葵紋

葵紋も他の紋様と同じように多様な変化にとんだ葵紋がありますが、当社が受注した葵紋は上記の3種類の葵紋になります。



現在、家紋は確認されているだけでも2万種はあるといわれています。
が、家紋ネクタイとして受注している家紋は2万種のうち100種で98%を占めています。



まだまだ目にしたことのないような家紋も沢山存在することでしょう。
またお客さんから2つの家紋を合成して新しい家紋を作ってほしいとか、本家の家紋の雰囲気を残しながら新しい家紋を作成してほしい・・・・などという依頼のあります。


葵紋:家紋として葵を用いるようになったのは、賀茂神社の氏子、丹波の西田氏がはじめてである。
双葉葵は、京都加茂神社の神紋であることから「加茂葵」ともいう。


戦国時代になって三河の松平、本多、伊奈、島田氏が用いた。徳川氏が葵紋を使用したのは、三河に入り松平氏を継いだときに、家紋も受け継いだのであろう。


家康が将軍となり葵紋を用いるようになると、それまで葵紋を使用していた松平氏も徳川氏をはばかって、他の紋にかえた。葵紋は徳川氏専用の紋章となった。

葵紋を徳川氏が独占する中で、本多平八郎忠勝のみは家康に抵抗し、本多一門は葵紋を押し通したという。ただし「立ち葵」にしている。



徳川葵紋のネクタイはなぜか若い人が注文されるのですが、おうちの家紋としてのご注文ではなく水戸黄門の印籠じゃないですが、「この家紋目に入らぬか?」。。。的な感覚で注文されるのは?と勝手に考えてしまします。

それとも正規な家紋が「徳川葵」で徳川の血を引く、恐れ多い人からのご注文なんでしょうか?


家紋について詳しくは家紋ネット

「家紋ネット」では家紋についてもコラム、また日常の家紋風景、赤穂浪士の家紋、またその他の情報を含めて家紋画像約900種と約5000種の家紋名も記載しております。
良ければ見てください。


十大家紋ネクタイの一例

家紋ネクタイ・片喰紋
家紋ネクタイ・鷹の羽紋
家紋ネクタイ・藤紋
家紋ネクタイ・蔦紋
家紋ネクタイ・桐紋
家紋ネクタイ・柏紋
家紋ネクタイ・茗荷紋
家紋ネクタイ・橘紋
家紋ネクタイ・沢潟紋
家紋ネクタイ・木瓜紋


家紋ネクタイ注文書

葵紋の家紋ネクタイ

家紋ネクタイ-徳川葵





★ 白地/黒地セット価額 12,000円 (運送費・消費税込)  
★ 単品(白地のみ,または黒地のみ)7,000円(運送費・消費税込)

★商品は安心の「代引き」で送ります。

 ー商品代金は商品受け取り時に配達員にお渡しください。ー


当社が受注する葵紋の一例
葵紋


sn_itmfv_l at 17:04│clip!家紋入りネクタイ | 家紋グッズ