徳川葵紋と竜胆紋でおなじみの多田神社に初孫の七五三参り

初孫の七五三参りに徳川葵と竜胆紋でおなじみの多田神社に出向きました。

始めていく多田神社。家紋入りの和服姿の男の子もちらほらと見かけました。

七五三受付には竜胆紋、拝殿屋根には徳川葵紋、拝殿場内部には徳川葵紋と竜胆紋がかもい部分に貼りめぐらされていました。


天気も良く大変な賑わいを見せていました。
駐車場に入るにも満車状態で、通路にも車の列が出来ていました。また周囲の道路は狭くちょっと危険な状態でもありました。(?)が待つこと約20分程度で境内の駐車場に入れました。


駐車場というより境内の空き地に止めるという感じでしたが、駐車料金300円が必要でした。
七五三の受付で6000円、せめて駐車料金くらいはサービスでも良いのでは(?)と感じましたが。。。。

神社正面の紋の両側には三つ葉葵紋(徳川葵紋)と竜胆紋の入った提灯が両側に飾られていました。

記念写真に少々お疲れ気味のお嬢ちゃん
多田神社、徳川葵紋、竜胆紋


また、徳川葵紋を掘り込まれて大きな屋根

多田神社、徳川葵紋、竜胆紋


多田神社、徳川葵紋、竜胆紋


多田神社は、天禄元年(970)に創建され、元多田院とも、また、多田大権現社とも言われ、関西日光の称ある大社です。


御祭神は、第五十六代清和天皇のひ孫贈正一位鎮守府将軍源満仲公をはじめ、頼光、頼信、頼義、義家の五公をお祀りしていることから、源氏発祥の地と言われています。
詳しくは多田神社ホームページへ⇒ http://www.tadajinjya.or.jp/top.html
sn_itmfv_l at 18:45│clip!家紋 | 家紋&コラム