お盆の提灯は家紋入り

には、家では家紋入りの提灯に明かりを入れてご先祖様を迎えるという風習があります。


お盆の帰省時におまいりをしてきました。
田舎では13日に仏様を迎えに行き15日夕方に送っていくという風習があります。



家紋入りの提灯を作るときに ”え〜と我が家の家紋何だったけ。。”となる人が多いのだそうです。
に行ってみてくるわ”とお家紋確認に出かける人もいるとか聞きます。



いざとなると自分の家の家紋が分からないという場合は往々にしてお墓で確認というのもあるのだそうです。

8-16




しっかりと覚えてないと家紋は似たような家紋が沢山ありますから、提灯、発注時に家紋帳を見せられて。
どの家紋ですか?
と聞かれてもこれだったかな〜いやこれかな〜などと迷われる人があると聞きました。

家紋は確認されているだけでも約2万種、文献によってはそれ以上とも言われています。
それほど多くの似たような家紋が存在するのです。



学卒後、都会に就職して都会で暮らしていますので、ついつい家紋を忘れがちです。
墓参りした時にあたらためて自分の家の家紋を確認出来ます。


若い時はなかなか覚えているようで覚えてないという人が多いのですが年を取ってくると急に自分の家の家紋が気になるときがあります。


またいつも写真に撮ろうと思いながらついつい忘れがちだったのですが、今回は家紋入りの提灯も含めてばっちり写真に収めてきましたので、今後は我が家の家紋について迷うことはないでしょう。



sn_itmfv_l at 16:20│clip!家紋 | 墓石