喪主の法事の服装は?礼服に家紋入りネクタイ

法事の際というのはどんな服装をしていったら良いのかというのは非常に悩むところですよね。


ちょっと格式のある場合は、礼服に家紋入りネクタイをしていきますが、
場合によっては案内をされた時に「平服で起こしください」などのように書かれていることもあるかもしれません。



しかし、平服ってどんな服装なの?と疑問に思う方も多いかもしれません。
中には平時の服装ということで普段着ているようなラフな格好を思い浮かべるかもしれませんが、



法事の際にはやはりそれなりにキッチリした服装が求められるわけで、
この場合の平服というのも男性なら紺系または濃いグレー系、濃茶系のスーツを着るのがよいでしょう、女性もやはりある程度落ち着いた地味目な服が望ましでしょうね。

家紋 家紋一覧



中には平服でとは言われたものの、そんなわけにはいきませんと言って礼服に家紋入りネクタイを着ていく人もいるかもしれません。




しかしそういった場合に施主側が自分よりラフな服装だったりすると逆に恥をかかせてしまうことになります。



施主側というのは法事の際は基本的に参列者よりもきっちりした服装、ネクタイなども家紋入りのネクタイをされている方が多いようです。やはり喪主側はきちっとしていないと格好がつきませんからね



平服で、と言われたのであれば変に気を使わずにグレーや紺、焦げ茶色などのスーツを着ていくのが無難ではないでしょうか。

sn_itmfv_l at 10:30│clip!家紋グッズ | 家紋入りネクタイ