家紋ー鯛の鯛の家紋とは?

本日の昼食は焼き魚の小鯛でましたので、ふと家紋の「鯛の鯛」を思い出し慎重に取り出そうとしましたが、焼き魚の鯛では鯛の鯛はきれいな形で取り出されませんでした。


インターネット上からの画像を添付します。
鯛の鯛はタイだけにあるのではなく魚には鯛の鯛があります。

タイの鯛の鯛
家紋 鯛の鯛


アジの鯛の鯛
家紋 鯛の鯛


また家紋、「丸に鯛の鯛」は添付の家紋です。

家紋鯛の鯛



でも「鯛の鯛」を家紋として使用する家系はどのような家系であろうか?
魚屋さんとか? 漁師さんとか? 料理に関した職業の家系なんですかね。。。?
家紋としては家紋帳などでも知っていますが、使用家となるとちょっとわかりかねますね〜〜


縁起物として財布にいれている人もいるとか?
食事に鯛のお頭つきで出てきたときには鯛の鯛を探してみるのも面白いですね。
でも骨をばらばらにする感じですので上品な場所での食事時にはちょっと不向きかもしれませんが、宴会上での食事時にはみんなでわいわいがやがや言いながら鯛の鯛を探すのも。。??

鯛の鯛を取り出すにはやはり煮魚の方が探しやすいようです。焼き魚内するとどうしても身と骨がつっついてしまうことがあるので、取り出しにくいですね。


鯛の鯛はどの魚にもあるようですが、特にタイの「鯛の鯛」が形がきれいでまた昔から目出度い魚として「めで鯛」として日本人には好まれているので、その中の「鯛の鯛」ですから家紋にもなったのでしょう。


【ウィキペディアから引用】
採取する場合、魚に熱を通した方が身離れがよく採取しやすいが、焼くと身と骨がくっついてしまうことがあるため、煮付けにするのがよい。 また、肩甲骨と烏口骨の繋がりは非常に脆く、洗う際などには折れないように注意する必要がある。
骨格上、1匹の魚から左右一対の2個が取れる。

sn_itmfv_l at 14:15│clip!家紋 | 家紋&コラム