近江ゆかりの戦国武将ー家紋入り乗車券ー井伊直政

近江鉄道の記念切符、近江ゆかりの戦国武将「家紋入り乗車券・入場券セット」を1月に見つけて買い続けて昨日最後の月分「井伊直政」の記念切符が届きました。

初めて下記文面をネット上で見つけたときから興味を持ち購入してきましたが今月で終わりですね
何となく寂しく感じますが・・・・・

近江鉄道では滋賀県文化財保護課と協力し、近江ゆかりの戦国武将「家紋入り乗車券・入場券セット」を平成23年1月25日(火)より下記の通り発売いたします。

1月「浅井長政」、2月「織田信長」、3月「明智光秀」、4月「豊臣秀次」、5月「六角承禎」、6月「石田三成」、7月「中村一氏」、8月「藤堂高虎」、9月「蒲生氏郷」、10月「京極高次」、11月「井伊直政」毎月25日のシリーズ発売とさせていただきます。

家紋 井伊直政 家紋一覧



永禄4年(1561年)2月19日、今川氏の家臣である井伊直親の長男として、遠江国井伊谷(現在の静岡県浜松市北区引佐町井伊谷)で生まれる。生家没落の憂き目に遇うも、徳川家康に見出され、数々の戦功を上げ徳川家の有力な部将の一人となる。

戦場では勇猛果敢な行動を取り性格も激しかったことから「赤鬼」と称され、諸大名から恐れられた。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは家康本軍に随行し、本多忠勝と共に東軍の軍監に任命され、東軍指揮の中心的存在となった。


関が原の戦功により、佐和山城に十八万石で封ぜられるも、そのときに受けた傷により慶長七年(1602)死去、生前に構想していた彦根への居城移転は子孫に受け継がれえることとなった。



sn_itmfv_l at 11:31│clip!戦国武将 | 戦国時代