近江ゆかりの戦国武将ー家紋入り乗車券ー京極高次

足利幕府の名門ながら、浅井氏の台等により没落寸前の京極家に生まれる。高次自身も美濃で人質として幼少期を過ごす。 織田氏の家臣となるも、本能寺の変では明智光秀に与したため、逃亡、羽柴秀吉の側室となった妹龍子の執り成しで許しを得て秀吉に仕え、いとこでもある浅井初を妻としその後、大津城六万石の大名に出世する。
関が原の戦いの前哨戦で大津城を落城されるも西軍を足止めさせたことを評価され、若狭一国八万五千石の大名となる。


家紋は「平四つ目」 近江ゆかりの戦国武将家紋入り乗車券、水口から桜川ゆき の切符また水口駅の入場券には「平四つ目」紋が印刷されています。


家紋 家紋一覧 京極高次



またこの四つ目紋にも多くの仲間がいます、平四つ目を45度傾けた「隅立て四つ目」とか丸の中に四つ目紋を収めた「丸に平四つ目」「丸に隅立て四つ目」また丸の中を地で抜いた「石持ち地抜き隅立て四つ目」などなど

四つ目と名の付く家紋を列挙してみると。
平四つ目、隅立て四つ目、新四つ目、陰隅立て四つ目、石持ち地抜き隅立て四つ目、丸に隅立て四つ目、丸に平四つ目、糸輪に隅立て四つ目、丸に陰四つ目。総陰丸に隅立て四つ目、七つ割り隅立て四つ目、七つ割平四つ目、十一割り隅立て四つ目、反り四つ目、丸に反り四つ目、陰丸輪に四つ目、太輪に隅立て四つ目、糸輪に結び四つ目、中輪に陰反り四つ目、隅切り角に平四つ目、四つ目菱、反り四つ目菱、中陰四つ目菱、結び四つ目菱、細輪に四つ目菱、丸に四つ目菱、蔓反り四つ目菱、丸に蔓四つ目、糸輪に豆四つ目菱などと多くの四つ目の仲間がいます。これ以外にもまだまだ四つ目に関した家紋があるように思います。
sn_itmfv_l at 11:03│clip!戦国武将 | 武将