家紋ネクタイー丸に橘・十大家紋の一角

橘は古代名で、現在の「カラタチ」の花のこと。カラタチは「唐のタチバナ」に由来する常緑低木。
五月ごろ、白いちいさな五弁花が咲く。

奈良時代には好んで庭に植えられ、京都御所の紫辰殿には「左近の桜」とともに「右近の橘」として残されている。
橘は、もちろん橘氏一族の家紋。

奈良朝のころ元明天皇はことのほか橘を好まれお気に入りの女官 ”三千代”に橘の呼び名をあたえた。
その三千代の子が橘諸兄で母の愛称を記念して橘姓をたてた。 

が、橘氏が次第に衰えて、公家から姿を消すにおよんで、武家の間で、伊井、黒田などが橘紋を用いた。
日蓮宗が井筒に橘の紋を用いるのは、日蓮と伊井家との間に姓氏的な関係があったからとされる。
家紋の種類としては六十種で、果実一個に五枚葉を配した形が基本形。

詳しくはこちらの家紋ネクタイページへ

10a丸に橘


家紋ネクタイ注文ページ

丸に三つ足橘(まるにみつあしたちばな)/ 久世橘/ 彦根橘/石持ち地抜き橘(こくもちじぬきたちばな)/ 丸に台付き橘/ 葉陰橘(はかげたちばな)/ 七枚葉橘/ 向かい橘/ 中輪に向かい橘/ 薬師寺橘(やくしじたちばな)/ 三つ橘 陰三つ橘/三つ割向こう橘/ 三つ竜胆橘崩し(みつりんどうたちばなくずし)/ 三つ割り枝橘/三つ割り橘/割り橘(わりたちばな)/ 入れ違い割り橘/ 光琳葉敷き橘(こうりんはしきたちばな)/ 浮線橘(ふせんたちばな)/ 変り浮線橘/杏葉橘(きょうようたちばな)/変り杏葉橘/抱き橘/並び橘/三つ盛り橘/八重向こう橘(やえむこうたちばな)/陰八重向こう橘/向こう橘/向こう裏橘/光琳橘/橘桐/中陰橘桐(ちゅうかげたちばなぎり)/花橘/利休橘(りきゅうたちばな)/陰三つ組み橘/立ち三本橘/三つ葉裏橘/三つ橘亀甲/六角橘/陰光琳枝橘(かげこうりんえだたちばな)/葉折れ枝橘(はおれえだたちばな)/枝橘/割り橘枝丸/橘枝丸(たちばなえだまる)/変り枝橘/橘鶴(たちばなつる)/足変り橘鶴/変り橘鶴/橘蝶/変り橘蝶/盃橘(さかずきたちばな)/平安橘/橘浮線陵崩し/橘菱/菱に橘/変り橘菱/糸菱に覗き橘(いとひしにのぞきたちばな)/向かい橘菱/陰向かい橘菱/三階橘菱(さんかいたちばなひし)/


sn_itmfv_l at 09:00│clip!家紋入りネクタイ | 家紋グッズ