父の日プレゼントに家紋入りネクタイー丸に三つ柏

毎年6月は家紋ネクタイを多く受注する月です。8月はお盆の関係で家紋のホームページ家紋ネットなどを見られて注文してくださるお客様の多い月ですが。次に多いのがこの6月と9月です。


これはやはりーー「父の日のプレゼン」トーーなどに家紋ネクタイを使っていただけるのではないかと思っています。
父に家紋ネクタイをプレゼントしてこの上なく喜ばれて。。。というお手紙を頂くことがあります。こちらまで嬉しくなります。


ご注文は全国各地からいろいろな家紋のご注文をいただきますが、中でも10大家紋と言われる「柏紋」などは多くの注文をいただきます。
詳しくはこちらの家紋ネクタイページへ


家紋 家紋一覧 丸に三つ柏


家紋ネクタイ注文ページ

製品見本は「丸に三つ柏」紋です。
ネクタイの下部に顔料でプリントしていますので、洋服のボタンを外したときにさり気なく家紋が見えます。また白地ネクタイには白の顔料でプリントしていますので、ネクタイ素材(シルク100%)と顔料の光沢の差によって家紋が浮き出たように見えます。また黒地ネクタイも同じく(シルク100%)素材に濃グレーを使ってプリントしています。

ご注文ならび家紋をお選びください、詳しくは 家紋ネクタイ


柏はブナ科の落葉高木で、葉は大きく、周辺には深い波状の切れ込みがある。雌雄同株。その若葉で節句の柏餅を包むなど、昔から食器専用の葉として使われてきた。のち、食膳をつかさどる専門職を”膳夫(かしわで)”と呼ぶのもここからきている。



宮中では、大嘗会の式典には今も食器の変わりに用いている。古代より神事用の神木として尊重され、伊勢神宮、熱海神宮、吉備津神社、宗像神社の大宮司家をはじめ、多くの神職の家紋となった。



公家では、神道をもって朝廷に仕えた卜部氏、その後裔の吉田、錦織、藤井、萩原の四家も柏紋を用いる。
武家では徳川時代に山内、蜂須賀、牧野、中川の四氏がある。

柏紋の基本は三つ柏、これは七福神の恵比寿様、また旧制一高の校章としても有名。この三つ柏と抱き柏が最も多く、柏紋の八割を占める。

sn_itmfv_l at 14:19│clip!家紋入りネクタイ | 家紋グッズ