戦国武将、織田信長を取り上げたー家紋入り乗車券・入場券セットー

湖東地方を走る近江鉄道(本社・彦根市)は、近江ゆかりの戦国武将を取り上げた「家紋入り乗車券・入場券セット」を販売している。
2月度は織田信長の記念乗車券と入場券のセットです。
(織田信長の家紋、「織田瓜」が切符に印刷されています。)



2月度分の入場券、武佐〜桜川間 460円 の乗車券と武佐駅の入場券140円 計=600円 
そろそろ気候もよくなります。
ゆっくり旅するのもよい季節になりました。

家紋 家紋一覧 織田信長切符

東武鉄道・小田急鉄道・いずみ鉄道・箱根登山鉄道・近江鉄道などなど鉄道各社の記念乗車券

毎月25日に発売し、11人の武将を紹介するシリーズで、1セット600円(乗車券460円、入場券140円)。初回の1月は、放映中のNHK大河ドラマの主人公・江(ごう)の父親で、小谷城主の浅井長政を取り上げ、人物紹介やゆかりの地の案内などが入った台紙がついている。
米原発尼子行きの乗車券と米原駅の入場券付きで、毎月、発着駅や入場駅を変更する。



織田信長

織田 信長(おだ のぶなが)は、日本の戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名である。
現在の愛知県出身。

戦国時代における三英傑の一人とされ、尾張国守護代の一家老に過ぎなかった織田家(弾正忠家)を卓越した手腕で全国最大勢力にまで押し上げ、強力な中央政権の基礎を築いた。

しかし、天下統一を目前にして家臣明智光秀の謀反本能寺の変により志半ばにして横死した。
ウィキぺディアベデアより引用



sn_itmfv_l at 18:52│clip!戦国武将 | 家紋グッズ