家紋と鯉のぼり

随分と暖かくなりました。午後から花見にでも出かけようと思っています。

もうすぐ鯉のぼりの季節になりますが、昨年の鯉のぼりの時期は、「家紋と鯉のぼり」とを探してあちこちドライブしながら写真を写してきました。

以前に加工場の担当者から「鯉のぼりの”鯉の眼”が家紋になっているのを見た」という話を聞き昨年は随分と探しましたが「鯉の眼」が家紋になった鯉のぼりに出会うことはありませんでした。


吹流しに家紋をプリントした鯉のぼりは良く見かけますが、鯉の眼が家紋になった鯉のぼりは?本当にあるんだろかと疑問に感じてきました。



鯉の眼を家紋にするには家紋自体も限られてくるように思いますが、鯉の眼は丸いですのでやはり眼にあうような「丸に何々」という家紋じゃないとちょっと歪な感じがするように思いますが・・・

例えば太閤桐とか羽根桐、また動物紋(真向かい兎、蟹、三羽雀、三つ斜め雁金、鳩、折鶴などなど・・)では違和感を感じますね。

動物紋

そう考えると鯉のぼりの鯉の眼を家紋に置き換える家紋はごくごく限られてくるようにも感じますが、今年もう一度青空に鯉が泳ぐ時期に探してみようと思っています。

本物の鯉のぼりの代わりに飾っても 風呂敷 鯉のぼり(68cm)【楽ギフ_のし宛書】


鯉の眼に代わる家紋は? 10大家紋と言われる種類の中での家紋となると??? 丸に剣片喰、丸に三つ割剣片喰、捻り片喰、丸に四方木瓜、丸に八つ割り抱き茗荷、などが比較的違和感がないのかも。。 

木瓜紋



また、丸に蛇の目とか、左1つ巴、裏銭、丸に分銅などは比較的眼に置き換えやすい家紋かもしれませんね

蛇の目

遠くから見れば眼に見えるのかも知れませんが、「鯉の眼が家紋に!」というのはちょっと難しいように感じてますが
もう一度探してみます。



昨年家紋を探して行った「笠形山」の鯉のぼり風景です。
笠形山鯉のびり






家紋は、日本の文化遺産として現在に至っているが、決して忘れ去られた遺産ではない。
現在においても、工芸、調度品からアクセサリー、小物商品に至るまで幅広く現在社会に
溶け込んで脈々と息づいている。

ちょっと気をつけてみると街中にもまた、生活習慣のなかにも実に多くの場所で家紋が
あふれている。
さしづめ冠婚葬祭などは家紋のオンパレードと言ったところでしょう。
ご先祖より受け継がれた家紋は子孫繁栄の証です。


★一口に家紋と言っても和服からネクタイ、扇子変わったところでは、鯉のぼり、またギフトセットから小物類まで実にいろいろな商品で家紋が使われています。★





sn_itmfv_l at 13:51│clip!家紋グッズ | 家紋アクセサリー