戦国武将たちの家紋ー徳川家康


家紋といわれてピンと来るのが「水戸黄門」などの時代劇で有名な徳川葵紋ではないでしょうか?
水戸黄門の助さんと格さんが悪代官たちといい加減戦ったところで、「静まれ〜、静まれ〜、この紋所が目に入らぬかぁ!」と言う、日本人なら誰もが一度は見たことがあるシーン。に出てくる家紋が徳川葵紋ですね

徳川葵

テレビドラマでは徳川に絡んだドラマでは必ずこの「徳川葵」が出てきます。
襖絵に、衣装に、籠に、幕に。その他いろいろな場面で・・・

松平健主演の暴れん坊将軍にも「葵のご紋」刀を抜いたときのつばの近くに徳川葵の紋がちらりと見える演出など。

またテレビドラマ 里見浩太郎主演の「長七郎 江戸日記」松平家は徳川の一門ですから徳川葵紋を使ったのでしょう。
徳川葵を使った商品も販売されていますね。
携帯用のストラップとか、ZIPPOのライターとか、徳川葵紋の入った印籠(水戸黄門そのままですが。。)などなど


 

葵と名のつく家紋には、今手元にある家紋帖には70種以上の葵と名の付く紋があります。
また家紋帖では「丸に三つ葉葵」と「徳川葵」は区別して記載してますが、見た目には区別は付けれません。



葵紋には:尻合せ三つ葵・蔓に一つ葵・丸に一つ葵・花立ち葵・剣三つ葵・守山三つ葵・尾州三つ葵・四つ割り葵などなど沢山の葵と名のつく家紋があります。が、葵といえばやはり「徳川葵」紋でしょうか??
テレビドラマ等が大いに影響しているのでしょう。


このサイトで最近検索された語句の一部

家紋の由来
丸に剣片喰
家紋の歴史
丸に下がり藤
目結
sn_itmfv_l at 09:30│clip!戦国時代 | 武将