戦国武将たちの家紋ー織田信長 

織田 信長は、日本の戦国時代から安土桃山時代にかけて、世に多大な影響を残した武将・戦国大名・政治家である。

当時の常識や権力に囚われず、新しい考え方や文化を積極的に取り入れる見識の広さ、合理性と冷徹さを兼ね備えた知性によって、統一者のいなかった政治的混沌を収集に向かわせた人物である。


その事業は大方向を示したところで重臣の一人・明智光秀の裏切りに遭い、自刃に追い込まれたことによって頓挫した。
しかし、政権の実質的後継者となった羽柴秀吉が、信長の築いた足場をもとに天下統一を進め、ついには成し遂げることとなったことから、秀吉が継ぎ、徳川家康が完成させる形となった日本近世の形成事業の創始と言うべき位置づけにあった政治家である
ウィキペディア フリー百科事典より引用

家紋 家紋検索 織田瓜紋


時代劇のドラマを見るときにチョット気をつけて見ていると旗印に家紋が染め抜かれています。
織田軍の戦いの場にはこの家紋が出てきます。

同時に沢山の家紋が出てくるのが「赤穂浪士」などのドラマでは四七士の家紋が出てきます。
赤穂浪士の家紋

いろいろな時代劇の服装(羽織りなど。。)には必ず家紋が染め抜かれていますのでチョット注意してみているとまた違った面白さがあります。

sn_itmfv_l at 10:42│clip!戦国時代 | 武将