目結紋--団結を誇る佐々木一族の紋・

近江源氏・佐々木一族の代表紋として有名。目結とは鹿子の絞りのことで、布を糸で結び白い染め抜きを残す模様のこと、目といっても、眼ではなく”間”の意。
結いは文字通り結び合うことで、人とひとの団結を意味している。


佐々木一族はこの紋にこめられた結束の精神を大切にして、現在でも40万人以上の子孫が強い団結を誇っている。

苗字は違っても、この紋を使っている家の多くは、滋賀県出身の佐々木系考えてよい。

郷土の佐々木神社には、乃木大将をはじめ著名な一族を祀り、佐々木会を結成しているほどである。

乃木大将と日本人

家紋と姓氏がこれほど密接に結びついている例も珍しい。


目結紋の美しさは、画然とした正方形のリズミカルな組み合わせと、幾何学的な単純さにある。しかも小さな目が自在に増減したりするパターンはどことなくユーモラスな感じもある。


四つ目を代表としているが、多様な崩し、繋ぎ、反り、車などのほか、剣や蔓といった他の紋との組み合わせにより、見た目にも愉しいバリエーションがある。

真藤建志郎著ー「家紋辞典」を参照


家紋 家紋検索 隅立て四つ目
sn_itmfv_l at 18:33│clip!家紋 | 紋章