菊桐禁止令

皇室の副紋とされる桐紋は、格式の高い紋章である。後醍醐天皇が足利尊氏に下賜された史実は、朝廷の御紋章として鎌倉末期に確立していた証拠でもある。


尊氏は拝領したこの桐紋を一門の吉良、細川、新田、今川、山名、一色、斯波、畠山などの諸氏に分け与えた。

豊臣秀吉も同様に、下賜された桐紋を多くの将士に与え、大いに普及させた。
が菊についで最も名誉ある桐の紋章は、武将のあこがれの的であっただけに、僣用、盗用も発生、ついに秀吉も ”禁令”を発してその無断使用を厳禁した。
これが天昇19年の「菊桐禁止令」である。


豊臣家滅亡後も桐紋は天下の大紋として栄え、現在でも上位ベスト5に入る。
また、秀吉の養子となった結城秀康(家康の次男)系の越前家一門は姓は松平氏であっても葵を用いず、桐紋を使用し、豊臣朝臣のシンボルを受け継いでいる。


桐紋は、花の数によって、五三の桐、五七の桐に分類する。
桐はゴマノハグサ科の落葉高木でスミレ色の花は下向きに咲く。中国の伝説では、鳳凰の棲む聖樹とされている。


女性の紋付を仕立てる場合に家紋が分らないときなどは ”取り合えず五三桐を”といって桐紋を染め抜いているのが多い。

麻生総理大臣が何かを発表・スピーチするとき机の正面に桐の紋が刻まれていますね
家紋 家紋検索 麻生総理スピーチ




家紋 家紋検索 丸に五三の桐

チョット注意してみていえると日々の生活の中に家紋は溶け込んでいます。
sn_itmfv_l at 22:52│clip!紋章 | 武将