家紋ー分銅紋とは?

分銅紋:

分銅は秤で物の重さをはかるときのおもり。
分銅紋は一つ分銅を紋にしたものから、二個以上のものをならべたり、一部を重ねたりしたもの、あるいは梅の花の形や、桜の花になるように配置したものなどさまざまあり、単純な分銅の形から斬新な模様が出現している。


分銅と名のつく家紋には

分銅(ぶんどう)/中太輪に分銅/中陰分銅/丸に花形分銅/花分銅/星付き分銅/宝分銅/子持ち分銅/並び分銅/持ち合い分銅/比翼分銅(ひよくぶんどう)/細輪に三つ分銅/石持ち地抜き三つ分銅(こくもちじぬきみつぶんっどう)/三つ重ね分銅/三つ重ね分銅に一/鉄輪分銅/三つ寄せ分銅/分銅桜/分銅菱/五つ捻じ分銅/分銅梅鉢

などの家紋がある。

このサイトでよく検索される語句

丸に剣片喰
丸に剣片喰 由来
家紋
抱き茗荷
丸に違い鷹の羽

家紋 家紋検索 丸に花形分銅紋

★一口に家紋と言っても和服からネクタイ、扇子変わったところでは、鯉のぼり、またギフトセットから小物類まで実にいろいろな商品で家紋が使われています。★


家紋は、日本の文化遺産として現在に至っているが、決して忘れ去られた遺産ではない。
現在においても、工芸、調度品からアクセサリー、小物商品に至るまで幅広く現在社会に
溶け込んで脈々と息づいている。

ちょっと気をつけてみると街中にもまた、生活習慣のなかにも実に多くの場所で家紋が
あふれている。
さしづめ冠婚葬祭などは家紋のオンパレードと言ったところでしょう。
ご先祖より受け継がれた家紋は子孫繁栄の証です。


sn_itmfv_l at 11:15│clip!家紋名 |