庶民にも「家紋」が開放される



幕府は、苗字帯刀を許されなかった庶民にも、家紋の使用は自由に認めた。


これで、お江戸は家紋の花ざかりとなり、世界に類を見ない多くのすぐれたデザイン

を生み、その美を競うことになる。


役者、遊女も好んで紋をつけた。


市川団十郎は「三枡(三つ入れ子枡)」を代表紋として、 ”見ます”にかけ、二升

五合(枡々半升)の ”ますます繁昌”より上をいくことを心掛けた。



庶民の「紋帳」を見比べ、気に入ったものの変形を ”上絵師”などのデザイナーに

頼んで描いてもらった。


まさに、 ”百花撩乱”である。
sn_itmfv_l at 15:47│clip!家紋 | 戦国時代