家紋由来ー車紋

車紋

車紋のデザインは牛車がもとになっている。
車紋が家紋として定着したのは、鎌倉期のはじめである。
車紋は、江戸時代以前から源氏車紋といわれている。
源氏車紋は、「源氏物語絵巻」に多く出てくる

御所車のことである。源氏車紋の形には、円形と半円形とがある。円形のものは矢つまり車の骨によって八本骨、十二本骨のように区別する。



車と名の付く家紋には

六本源氏車/七本源氏車/源氏車輪(げんじくるまわ)/陰源氏車/榊原源氏車/生駒車/鍋島車/木下車/重ね花形源氏車/三つ割重ね源氏車/風車/中川車/源氏車に二つ切り竹/源氏輪に三つ星/源氏輪に林の角字/源氏輪に並び鷹の羽/源氏輪に違い鷹の羽/源氏輪に違い矢/源氏輪に並び切り竹(げんじわにならびきりたけ)/


などの家紋がある。

alt="家紋 家紋検索 車紋" hspace="5" class="pict" />
sn_itmfv_l at 13:56│clip!家紋名