家紋の由来ー釘抜き紋とは?

釘抜紋:釘抜紋は九城を抜くといわれ、九つの城を落とすという戦勝の縁起で家紋にされたという。

古くは、「猛虎襲来絵詞」で、船の中に並べられた楯につけられたいる。

また「鎌倉大草子」には、この紋がついた旗が見える。
釘抜紋は形が単純で遠くからでもすぐにわかるし、めでたい紋なので多くの武将が用いた。



釘抜きと名の付く家紋には

釘抜き(くぎぬき)/丸に釘抜き/陰釘抜き/総陰丸に釘抜き(そうかげまるくぎぬき)/石持ち地抜き釘抜き(こくもちじぬきくぎぬき)/陰違い釘抜き菱/違い釘抜き/陰陽違い釘抜き/丸に三つ割釘抜き/三つ盛り丸に釘抜き/二つ釘抜き閂/折れ釘抜き/糸輪に違い釘抜き/丸に重ね釘抜き/丸に三つ割り釘抜き/梃釘抜き(てこくぎぬき)三つ釘抜き閂(みつくぎぬきかんぬき)/一柳釘抜き/隅切り角に釘抜き/丸に一つ釘抜き/中輪に三つ違い釘抜き/釘抜き崩し(くぎぬきくずし)/

などの家紋がある。

家紋 家紋検索 釘抜き紋
sn_itmfv_l at 14:38│clip!家紋名 |