家紋の由来ー扇紋とは?

扇の読みは、風を”あおぐ”から転化したもので、扇子とも呼ぶ。
家紋の種類は非常に多く開き扇、畳み扇、骨反り扇、檜扇の扇紋から、地紙紋、扇骨紋まである、源頼朝の命で、五本骨月丸の扇を定紋とした佐竹氏が最初に使用したとされる。


扇と名の付く家紋には

丸に五本骨扇 /陰の五本骨扇 /五本骨扇/七本骨扇/総陰丸に扇/石持ち地抜き扇/反り扇/七本骨雁木扇/雁木反り扇/大房扇/丸に房扇/糸輪に豆扇/中輪に3本骨扇/佐竹扇/丸に日の丸扇/日の丸雁木扇/七本骨扇丸に九曜/扇に蔦/七本骨扇に違い鷹の羽/扇に八の字/扇に字抜き釘抜き/破れ扇/陰源氏扇/立ち花家扇/矢島扇/扇落とし/重ね扇/島原扇/横重ね扇/重ね日の丸扇/細輪に二つ雁木扇の丸/三つ扇/丸に七本骨三つ扇/三つ反り扇/日の丸三つ反り扇/陰三つ扇/高崎扇/重ね合わせ三つ雁木扇/雁金三つ扇/渡辺扇/陰渡辺扇/五つ雁木扇 五つ雁木扇車/六つ扇/三つ日の丸扇に3本矢/三つ追い雁木扇/三つ割り雁木穂の丸扇/三つ雁木扇蛇の目/三つ盛り扇/五つ捻り扇/五つ重ね末広/並び扇/丸に並び扇/入れ違い2本扇/違い扇/丸に違い扇/陰違い扇/中輪に3本並び扇/糸輪に尻合わせ3本扇/3本扇/3本組み扇/四本扇菱/扇井桁/五本重ね扇/五本扇車/丸に六本扇車/8本扇車/半開き違い扇/糸輪に三つ組半開き/扇菱/二つ雁木扇菱/鱗形三つ扇/中開き3本扇/扇蝶花形浮線扇/扇蝶/変わり扇蝶/陰扇蝶/浅野扇/雁木檜扇/檜扇/陰の檜扇/石持ち地抜き檜扇/丹羽扇/雪輪に檜扇/山崎扇/秋田扇 檜扇に地抜き七曜/檜扇に九枚笹/房付き檜扇/糸輪に尻合わせ檜扇/両房付き三つ檜扇/房付き三つ檜扇/檜扇蝶/

などと多くの扇紋があります。


家紋 家紋検索 扇紋

sn_itmfv_l at 13:57│clip!家紋名 |