家紋は衣服とのつながりで発展

そもそも家紋は、公家では、輿車に、武家では旗、幕、盾、武具にもちいていたもの

で、家紋の普及につれて、衣服にも使われるようになった。


そして、さらに調度品など生活用具や、建築物、石碑、仏具にまで広くもちいられる

ようになった。


武家が家紋を衣服につけるようになったのは、鎌倉時代から。当時はまだ一般化して

いなかったが、南北朝時代になって、直垂につけるようになり、これが礼服となっ

た。


羽織が盛んになったのは徳川時代になってからだが、これは礼服として通用しなかっ

た。

当時は民間でも紋のはいった裃を用いた。



紋付羽織が礼服として通用するようになったのは、刀を捨てた明治維新後でしかも男

のみに限った。


家紋がここまで歴史の中でもまれ、消えることなく続いてきたのは、ひとつにこうし

た衣服、礼服とのつながりが非常に強かったからだといえるのかも知れない。


sn_itmfv_l at 20:54│clip!家紋&コラム | 和服