家紋の由来ー輪紋とは?

輪紋も輪貫紋も、円形の輪の形をした紋である。

輪貫の場合は輪形を白などで染め抜いたもの。輪は後世になって、限られたスペースの中に紋をまとめるために多くは輪郭として用いられるようになった。

また、その輪にも変化を持たせてさまざまなものができた。
この輪郭は、本家、分家の区別をする上からも必要であった。

ことに戦国時代以降、この輪紋は大いに流行した。

輪紋を輪の太さの順でいうと、厚輪、太輪、中太輪、丸輪、細輪、糸輪、毛輪となる。厚輪より一段と厚い輪は、蛇の目に似ているので「蛇の目輪」という。

また、輪を重ねた形で分けると、陰丸輪、二重輪、子持ち輪、三重輪などがあり、輪の種類では州浜輪、朧輪、梅輪、菊輪、柊輪、雪輪、唐草輪、源氏輪、雁木輪その他、バリエーション豊富である。

輪と名の付く家紋には

蛇の目輪/厚輪(あつわ)/太輪(ふとわ)/二分輪/中太輪/丸輪/中輪/細輪(ほそわ)/糸輪(いとわ)/毛輪(けわ)/陰丸輪/二重輪/子持ち輪/三重輪/外藤輪/菊輪/八つ浪輪/六つ車輪/三つ車輪/唐草輪/雁木輪/竹輪/薄丸輪(すすきまるわ)/光琳梅輪/地抜き朧梅輪(じぬきおぼろうめわ)/州浜輪/鐶輪(かんわ)/瓜我(かわ)

などを用いて様々に変化していった。

家紋 家紋検索 月輪に八重桜紋家紋 家紋検索 八重菊輪紋

sn_itmfv_l at 09:00│clip!家紋名 | 紋章