男子の礼服と家紋


男が和服で正装する場合は、黒五つ紋付の長着、羽織に袴をつける。

結婚披露宴などで新郎の”色直し”に最近、”色紋つき” をすすめる向きもあるが、派手さはともかく、式服としての格調と品格は、やはり黒紋付にまさるものはない。



色直しに着るだけだから、多くの場合、式場の衣裳部や貸衣裳屋にまかせ切りになる。


家紋を指定しないとなんの家紋のものを着せられるかわからない、だから、はっきりした家紋を指定しておかないと、当日になってあわてても間に合わないことになる。


大抵の家紋は揃っているから、一生一度の晴れ姿、家に伝わる家紋を付けたいものだ。

ついでながら袴は、縞目のはっきりした仙台平がよい。
sn_itmfv_l at 09:00│clip!家紋&コラム | 紋章