家紋ー女紋とは?

母系で受け継がれる女紋
紋はいずれの場合も、「女紋」をつける。


家紋はもともと「家」と苗字の独自性を象徴したマークであり、家中が一つの同じ紋を使うのがたてまえである。

が、封建時代は男子専用とされていた。

それが江戸時代になると、百姓町民など一般大衆にまで広がり、女性専用の女紋も生まれたのである。


その家を代表する紋を定紋、正紋、本紋、表紋と称し、女紋はこの定紋に因んで作った。

最初は、嫁入りの際持参する道具や調度品に実家の紋を使い、結婚後もそのまま使用した。


さらに女児が生まれると母方の家紋を受け継ぐという形で定着し、実家の定紋となんらかの因縁のあるものを選ぶ風習があった。


女紋は定紋に比べて小型のものが多く、格式ばった形より、細線で描いた優美なものが好まれた。


”陰紋”や”中陰紋”と呼ばれ複線(陰線)で描かれたものや”糸輪”という細い外郭円の中に紋章の一部だけを表して全体を描かない”覗き”と称するものなどは女紋に使われることの多いものである。


この女紋の扱いは地方によって違う。

結婚したら嫁入先の家紋を用い入る地方と、尾張地方のように、嫁が母の紋を持ってきて、これを嫁の紋として、その娘が嫁入るとき、またこれを持っていく場合がある。

sn_itmfv_l at 09:00│clip!家紋&コラム | 紋章