家紋の由来ー引き両紋とは?

引両紋

太い線を横に、ときには縦に何本か引き、図案化したんものである。
引両紋はきわめて単純な文様だ。しかし、足利氏が天下を取ったことによって大いに広まった。この紋はおおよそ次の三つに分けられる。新田氏の「一つ引両」足利氏の「二つ引両紋」三浦氏の「三つ引両紋」である。
ほかに「八つ引」までと他紋とのコンビもある。

巴と名の付く家紋には

丸に一つ引き/丸の内に一つ引き/丸に太一つ引き/新田一つ引き/二両引き/丸に内に二つ引き/丸に太二引両/丸に離れ二引両/丸に弾き二つ引き/蔭丸の内に二つ引き/九つ割り三引両/九つ割り二引両/丸の内に縦三つ引き/田村立て引き/丸に離れ三つ引き/細輪に太三つ引き/三浦三つ引き/糸輪に寄せ三つ引き/丸の内に五つ引き/隅切り鉄砲角に三つ引き/菱に二つ引き/陰菱に二つ引き/九つ割り三つ引き/岩城立て引き/

などの家紋がある。


家紋 家紋検索 二引両紋
sn_itmfv_l at 09:00│clip!家紋名 |