家紋の由来ー環紋とは?

鐶紋
鐶とは金属製の輪で、たんすの引き手、茶釜の取っ手、蚊帳の四隅の吊り輪などに用いられている。鐶紋はこれを図案化したものである。

鐶紋は、鐶が内側に向いているものと、外側に向いているものとがあり、外向きのものは「外向き鐶紋」という。

鐶紋の鐶の数は三から八個がふつうで「三つ鐶」「五つ鐶」などという。丸くなるように組み合わせたり、四角や菱形に構成したり、丸で囲ったりしていろいろに変化する。

巴や井桁、菊、雀など他の紋を鐶で囲ったものなどもある。


環と名の付く家紋には

外三つ鐶(そとみつかん)/三つ組み鐶/繋ぎ三つ鐶/三つ唐鐶/頭合わせ三つ鐶/三つ唐鐶三つ剣/外向き四つ鐶/外四つ鐶に釘抜き/木瓜形四つ鐶/四つ鐶菱に唐花/外鐶菱(そとかんびし)/外鐶菱に木瓜/外鐶菱に三つ割り桔梗/唐鐶菱(からかんびし)/唐鐶木瓜/丸に四つ鐶/丸に四つ鐶に四つ目/尖り鐶菱/四つ鐶輪に豆四つ目/丸に四つ鐶一つ巴/五つ鐶/鐶輪(かんわ)/六条鐶桜/五鐶に丸に三つ鱗/五つ鐶桔梗/太鐶輪に桜/太鐶輪に柏/五つ糸鐶崩しに木の字/五つ唐鐶に井桁/鐶桜/五つ鐶に分銅/外鐶桜(そとかんざくら)/外六つ鐶/外六つ鐶に梅鉢/外六つ鐶に片喰/外八つ鐶に十六菊/四つ鐶菱に雀/変わり鐶雀/鐶雀/鐶松(かんまつ)/
などの家紋がある。

家紋 家紋検索 三つ組み環紋











★一口に家紋と言っても和服からネクタイ、扇子変わったところでは、鯉のぼり、またギフトセットから小物類まで実にいろいろな商品で家紋が使われています。★


家紋は、日本の文化遺産として現在に至っているが、決して忘れ去られた遺産ではない。
現在においても、工芸、調度品からアクセサリー、小物商品に至るまで幅広く現在社会に
溶け込んで脈々と息づいている。

ちょっと気をつけてみると街中にもまた、生活習慣のなかにも実に多くの場所で家紋が
あふれている。
さしづめ冠婚葬祭などは家紋のオンパレードと言ったところでしょう。
ご先祖より受け継がれた家紋は子孫繁栄の証です。
sn_itmfv_l at 09:00│clip!家紋 | 家紋の由来