平家の赤旗・源氏の白旗

平家と源氏がそれぞれ赤旗、白旗を掲げて戦ったことは「源平盛衰記(げんぺいじょうすいき)」に「西のはたには平家、赤旗を捧げて固め、東の河原には源氏、白旗を捧げたり」などとあり、「源平合戦図」や「平家物語絵巻」でも赤白の旗が入り乱れて戦う様が描かれていることでも分かる。


しかし、なぜ平家が赤旗で源氏が白旗なのか、その由来は詳らかではない。

この時代はまだ家紋が定着していなくて、単に敵味方を識別するためのものだったのだ。


一般には平家の家紋は蝶ということになっている。
美しい揚羽蝶紋は平安後期にはすでに図柄が完成し、平家の公達などの文様に用いていたという。

壇の浦で平家一門が海に沈んだとき、男の魂は抜け出して蝶になったという伝説がある。

後世、織田信長はじめ平家の末裔と称する武家の多くが揚羽蝶を家紋としている。

そのために蝶紋がいつしか平家一門のシンボル・マークになったのであって、源平合戦当時、すでに平家の家紋だったとは考えられない。

一方、清和源氏の家紋は「笹竜胆(ささりんどう)」というのが通り相場だ。鎌倉幕府ゆかりの神奈川県鎌倉市の市章に「笹竜胆」を用いている。

しかし実際には村上源氏、宇多源氏もこれを用いており、清和源氏専用というわけではないようだ。

しかし江戸の大名や旗本に清和源氏の末裔と称する家のほとんどが笹竜胆を家紋としている。

後世になって家紋として定着したものとはいえ、笹竜胆といい蝶といい、武家の勢力を二分する源平の棟梁の家紋としては優美なものを選んだものである。



このサイトでよく検索される語句
家紋 由来    家紋    丸に剣片喰   抱き茗荷   丸に剣片喰 由来
sn_itmfv_l at 09:00│clip!家紋&コラム | 武将