墓に家紋が刻まれたのはいつごろから?

今日、ほとんどの墓石には家紋が刻まれている。

これは北は北海道から南は鹿児島まで、まんべんなく家紋がついている。
ただし沖縄だけは昔から風俗が違うせいか、あまり目につかない。

しかし、墓石に家紋を刻む風習は、じつはそれほど古くはない。
江戸時代初期(1596〜1624)の墓石にはほとんど家紋はなく、時代がさがってくるにしたがい徐々に増えてくる。

それでも幕末の安政年間(1854〜59)ころは30パーセント台と推定される。
そして明治以降、急速に増えていって、現在のような状況に至っているのである。
墓は先祖の居所だから神聖な場所だ。

したがって家のシンボルである家紋をつけるのは自然の感情の発露であろう。
ところが、いざ墓に家紋というときに「家紋が分からないがどうしたらいいか」と訪ねてくる方が意外に多い。

これは墓にかぎらず一般的に家紋の探しかたにも通じることだが、まず位牌、家具、文書、お寺の過去帳などから探す。

では、親戚もなく、ルーツをさぐる物が一切ない、天涯孤独という場合はどうするか。答えは次のとおりだ。

1:妻方の紋でもよい。
2:同姓者の紋を借りてもよい。
3:新しい自家の紋を創設してもよい。

ただし、一旦きめたらそれを自家のシンボルとして大切にする気持ちが必要だ。
好みにまかせて、墓石、礼服の紋付、道具類の家紋がばらばらだというようなことにならぬよう心得るべきだろう。
sn_itmfv_l at 09:00│clip!家紋&コラム |