家紋の由来ー亀紋とは?

亀紋
亀には水亀、すっぽん、海亀など種類は多いが紋章となっているのは甲羅に水草を生やした石亀である。
形は実際にはない耳と尾をつけた想像上の亀である蓑亀を図案化したのもが多い。
蓑を翼のように描いたり、丸く尾を引くように描くなどさまざまである。


雁金と名の付く家紋には

一つ亀/下がり亀/浮線亀(ふせんかめ)/上り亀/向こう亀丸/一つ蓑亀丸(ひとつみのかめまる)一つ亀の丸/親子亀(おやこがめ)/二つ入違い亀/三つ追い亀/三つ亀の丸/水に亀/光琳亀(こうりんかめ)/

などの家紋がある。家紋 家紋検索 真向き亀紋
sn_itmfv_l at 09:00│clip!家紋名