墓地と家紋


父から「お前の墓地は買ってあるから」といわれたのは十数年前でした。
町の事業の一環として新しい墓地を作ることに成りました。


そのまま田舎で生活している者は従来同様行1区画の墓地が与えられますが、次男、三男等で街に出た者、または町内以外で生活している者は一定の金額で購入することになっていました。


そこで生前に父が購入してくれていました。
そのときは、また、今でもチョット早いかな〜とも思いますが、取りあえずは墓地は準備できてます。


先祖、両親が眠る場所に隣接して次男と三男(私)の墓地があります。
いつも盆前には次男が墓清掃してくれたます。


今は管理費として町に年数千円を払ってます。
まだ墓石を建てるのはチョット早いが。。。そのときの家紋は?どうしようかと。。


先祖代々続いだ家紋を受け継ぐもよし。
また本家と区別するために少し変えてもよし。。。

家紋はこのようにして沢山の家紋に発展していったのです。


sn_itmfv_l at 09:00│clip!墓石 |