家紋の由来ー山紋とは?

山の紋は、およそ三つにわかれる。
第一は、実際の山の形をそのまま表した山紋、
第二は、山を幾何学的に図案化した山形紋、
第三は、山の字紋である。山を形であらわすのではなく、文字で書く。
山の字紋もそれぞれ文字の形が違う、例えば「輪王寺山文字」「毘沙門堂山文字」などがある。


家紋は、日本の文化遺産として現在に至っているが、決して忘れ去られた遺産ではない。
現在においても、工芸、調度品からアクセサリー、小物商品に至るまで幅広く現在社会に
溶け込んで脈々と息づいている。

ちょっと気をつけてみると街中にもまた、生活習慣のなかにも実に多くの場所で家紋が
あふれている。
さしづめ冠婚葬祭などは家紋のオンパレードと言ったところでしょう。
ご先祖より受け継がれた家紋は子孫繁栄の証です。


★一口に家紋と言っても和服からネクタイ、扇子変わったところでは、鯉のぼり、またギフトセットから小物類まで実にいろいろな商品で家紋が使われています。★

山と名の付く家紋は

丸に富士山に帆掛舟/富士山形/変わり富士霞(かわりふじかすみ)/三つ遠山/zつ山/五つ山/三つ入り山/五つ入り山/山形/差金違い山形(さしがねちがいやまがた)/入り山形/丸に違い山形/陰山形に二木/三つ違い山形/三つ盛り山形/三つ組み合わせ山形/頭合わせ三つ山形/四つ組み合わせ山形/横違い山形/上下組合わせ山形/五角山形/六角山形/向かい花山形/違い花山形/三つ組み違い山形/細輪に山道/組み山形菱/山形桜/花山形桐/隅立て十二山形/組み合い変わり山形/丸に山の字/変わり山の字/山の字丸/変わり剣山の丸/山の字丸/鉢形山の字/剣持ち山の字/尻合わせ二つ山の字/知り合わせ三つ山の字/二階山の字/山の字菱/頭合わせ三つ山の字/三つ変わり光琳山の字/頭合わせ光琳山の字/三宝院山の字/丸に山の角字/

などの家紋がある。
家紋 家紋検索 三つ富士山紋
sn_itmfv_l at 09:00│clip!家紋名 | 紋章