家紋の由来ー稲妻とは?

稲妻紋
稲妻の文様は、直線がつぎつぎと曲折していくいわば幾何学的模様で、古くから陶器、漆器、金工、木彫、建築などに多く用いられている。

稲妻の紋章を、稲妻紋または雷紋ともいう。四角形の「平稲妻」「隅立て稲妻」
「卍稲妻」「菱稲妻」などがあり、三角、五角、七角の稲妻もある。


稲妻と名の付く家紋には

隅立て稲妻(すみたていなずま)/丸に平稲妻/中輪に隅立て稲妻/中輪に稲妻菱/
石持ち地抜き稲妻菱(こくもちじぬきいなずまびし)/隅立て違い稲妻/釘抜き形稲妻/角立て結び稲妻/細輪に四つ稲妻/細輪に輪鼓稲妻(ほそわにりゅうごいなずま)/糸輪に五つ稲妻/稲妻三つ巴/五角稲妻/三つ稲妻亀甲/六角稲妻/七角稲妻/むくみ稲妻/反り稲妻菱/稲妻菱(いなずまびし)/変わり稲妻菱/四つ稲妻菱/鱗入り三角稲妻/三角稲妻/三つ鱗形稲妻/角合わせ三つ稲妻/三つ稲妻/三つ盛り平稲妻/三つ盛り稲妻菱/三つ石稲妻/角立て重ね稲妻/地紙形稲妻(じがみがたいなずま)/角立て市松稲妻/五つ変わり稲妻/釘抜き稲妻/三階稲妻菱/四つ稲妻菱/稲妻車/捻じ稲妻菱/稲妻鶴/電光稲妻/稲妻松皮(いなずままつかわ)/麻形稲妻/

などの家紋がある。
家紋 家紋検索 平稲妻紋
sn_itmfv_l at 09:00│clip!家紋名 |