家紋の由来ー片喰紋とは?

片喰紋

片喰は道端や田の畦などに生えるありふれた雑草だが、可憐な小さな花が咲く、片葉が三つあるので「片葉三」と名付けられたという。

噛むと酸っぱいので、スグサ、スイモグサ、などとも呼ばれ、古代にはこの葉をすりつぶして鏡を磨くのに用いたので「鏡草」ともいった。

毒虫に刺されたとき、すりつぶした汁を塗ると腫れが引く、刈っても刈っても増えてくるたくましい雑草なので、この実を財布に入れておくと、いくら使っても金が減らないという迷信から「黄金草」とも呼ばれ、俳句にも、はじけつつ花を咲かせる黄金草と詠まれている。

実をはじかせながらも新しい花を咲かせる、つまり繁殖力の強さを詠んでいるのだ。
しかし西洋の花言葉では、片喰はなぜか賢明な女性という意味だ。

あまり見栄えのしない雑草だが、文様学の上では大きな存在だ、使用家数の上では、日本の十大家紋のうち堂々第二位を占めている。

その理由として考えられるのは、まず第一にその形の美しさだ、単純化された三つの弁は、もうこれ以上単純化できない極限の美しさを表している。

第二に、日常的に見られる親しい雑草で、牡丹のように近づき難い感じがない。
いわば庶民の草花ということで愛されたのかもしれない。

その形が単純明解ですわりがよく、しかも繁殖力が旺盛なので子孫繁栄の祈りをこめ、多くの家で使われるようになった。

現在でも藤、木瓜に次ぐ人気をもつポピュラーな家紋である。

家紋のパターンとしては、正面から見たままの三葉と葉脈を写実的に描き、中心部に葉脈を鋭く剣先で切り込んだ形が基本となっている。

三葉と葉脈の関係に変化を出したもの、葉の間に剣や蔓を加えたものや、葉の数によっていろいろなバリエーションがある。

室町時代から武家紋として登場、新田、長曽我部、宇喜多、肥田、平尾の諸氏、江戸時代には、酒井、森川の大名、旗本百六十余家に及び、桐紋についで多用された。

片喰」と名の付く家紋は

片喰崩し(かたばみくずし)/総陰片喰(そうかげかたばみ)/丸に剣片喰(まるにけんかたばみ)/丸に三つ割り片喰/丸に三つ割り剣片喰/三つ盛り剣片喰/光琳片喰(こうりんかたばみ)/裏片喰(うらかたばみ)/若狭剣片喰/三つ又剣片喰/丸に荘内片喰(まるにしょうないかたばみ)/隅切り地抜き片喰/鉄砲菱に片喰(てっぽうびしかたばみ)/菱に覗き片喰(ひしにのぞきかたばみ)/菱に片喰(ひしにかたばみ)/組み合わせ角に剣片喰/姫路剣片喰/石持ち地抜き剣片喰/太陰片喰/三つ蔓片喰/熨斗剣片喰/六つ結び片喰/丸に鉄砲片喰/剣一つ片喰/細片喰/中陰片喰/細中陰片喰/丸に陰片喰/糸菱に覗き陰片喰(いとびしにのぞきかげかたばみ)/菱に地抜き片喰/埋み片喰/糸輪に小片喰(いとわにしょうかたばみ)/糸輪に覗き片喰/雪輪に片喰(ゆきわにかたばみ)/丸に離れ片喰/陰剣片喰(かげけんかたばみ)/中陰剣片喰/花剣片喰(はなけんかたばみ)/若狭剣片喰/石持ち地抜き棒剣片喰/組み合わせ角に剣片喰/三つ環輪に剣片喰(みつかんわにけんかたばみ)/菱に剣片喰/鱗形剣片喰(うろこがたけんかたばみ)/亀甲形太剣片喰(きっこうがたふとけんかたばみ)/中陰幼剣片喰(ちゅうけえんようけんかたばみ)/細松皮菱に剣片喰(ほそまつかわびしにけんかたばみ)/四つ片喰/丸に四つ片喰/丸に鉄砲片喰/中輪の二つ剣片喰/丸に鱗片喰(まるにうろこかたばみ)/
中輪の結び片喰/蔓結び片喰/糸輪に蔓片喰/中輪に環片喰/丸に蔓剣片喰/丸に花剣蔓片喰/丸に金輪片喰/変り蔓剣片喰/三つ組片喰/三つ割片喰/丸に三つ割追い片喰/重ね三つ割り片喰/三つ割り剣片喰/中陰三つ割剣片喰(ちゅうかげみつわりけんかたばみ)/丸に険合わせ三つ割片喰/亀甲形三つ割片喰/六角三つ割り片喰/三つ追い六角剣片喰/外三つ割り片喰/浮線片喰/変り浮線片喰(かわりふせんかたばみ)/浮線剣片喰/変り浮線剣片喰/中陰浮線片喰(ちゅうかげふせんかたばみ)/片喰桐(かたばみきり)/中陰の片喰桐/片喰揚羽蝶(かたばみあげはちょう)/変り片喰揚羽蝶/片喰飛蝶(かたばみとびちょう)/変り片喰飛蝶/剣片喰飛蝶/中陰剣片喰胡蝶(ちゅうかげけんかたばみこちょう)/二つ割りの剣片喰菱/中陰割り剣片喰菱/糸菱に陰菱出片喰(いとびしにかげびしであたばみ)/二つ割り片喰菱/片喰枝菱(かたばみえだびし)/折れ片喰/盃片喰(さかずきかたばみ)/扇片喰/片喰に水/比翼片喰(ひよくかたばみ)/三つ頭合わせ片喰/変り姫路片喰/片喰の実(かたばみのみ)/変り片喰の実/実片喰菱(みかたばみびし)/実片喰車/枝片喰(えだかたばみ)/片喰の枝丸/変り片喰の枝丸(かわりかたばみのえだまる)/

などがある

家紋 家紋検索 丸に剣片喰紋

★家紋とはあなたのお家のシンボルマークです。あなたのお家の家紋はなんですか?★



★一口に家紋と言っても和服からネクタイ、扇子変わったところでは、鯉のぼり、またギフトセットから小物類まで実にいろいろな商品で家紋が使われています。★


家紋は、日本の文化遺産として現在に至っているが、決して忘れ去られた遺産ではない。
現在においても、工芸、調度品からアクセサリー、小物商品に至るまで幅広く現在社会に
溶け込んで脈々と息づいている。

ちょっと気をつけてみると街中にもまた、生活習慣のなかにも実に多くの場所で家紋が
あふれている。
さしづめ冠婚葬祭などは家紋のオンパレードと言ったところでしょう。
ご先祖より受け継がれた家紋は子孫繁栄の証です。


sn_itmfv_l at 08:00│clip!家紋名 |