家紋の由来ー水仙紋・杉紋とは?

水仙紋:ギリシャ神話に美少年の化身として登場するが、日本に紹介されたのはそう古くはない。
家紋としては、これらの家紋は古い書物には記されず、明治以降の新しい紋であると考えられる。

水仙と名の付く家紋は

束ね水仙/五鐶束ね水仙/五鐶抱き水仙/抱き水仙に三つ鱗(だきすいせんにみつうろこ)/
根引き水仙/変わり水仙丸/水仙の丸/五つ水仙車/

などがある。
家紋 家紋検索 抱き水仙紋




杉紋:松杉科の常緑樹。奈良県三輪神社の神木として三輪神社ゆかりの家系や杉の苗字の家で
使用されている。
家紋は霊力信仰から生れたものらしい。
杉紋は杉の数では一本から五本まである。配列では、割り、巴、菱、重ねなどがある。

杉と名の付く家紋には

一本杉/丸に一本杉/陰一本杉/光琳一本杉/本多一本杉/二本杉/社頭の杉/丸に覗き二本杉/
重ね三本杉/三本杉/丸に三本杉/丸に重ね五本杉/割り杉/
三つ割り杉/頭合わせ三つ割り杉/杉巴/五本杉/割り杉菱/

などがる
「寄生」ほや丸に二本杉紋
sn_itmfv_l at 07:00│clip!日本の家紋 |