家紋の由来ー鉄線紋・撫子紋とは?

鉄線紋:この鉄線は昔から庭園などの鑑賞用に植えられていた。
やがて文様になり家紋へと転じた。紋も花と同じで六弁と八弁の二種類ある。花弁の数が五つから八つまであり、花の形もさまざまで、同一の花とは思えないほどである。

鉄線と名の付く家紋には

鉄線(てっせん)/陰鉄線/鉄線の花/花鉄線崩し/花鉄線(はなてっせん)/八重鉄線/八重花鉄線/五曜鉄線(ごようてっせん)/葉敷き花鉄線/光琳鉄線(こうりんてっせん)/永井鉄線/三つ割り鉄線の花/三つ割り鉄線/鉄線崩し菱/鬼桔葉鉄線(おにぎょうようてっせん)/桔葉菊鉄線(ぎょうようきくてっせん)/
などがある。

家紋 家紋検索 三つ鉄線紋


撫子紋:撫子は秋の七草の一で、純真可憐の象徴として日本女性の代名詞として古くから愛されてきた。日本女性の理想のタイプにみたてて、女性を大和撫子と称した時代もあった。

撫子が家紋に用いられたのは、その美しさからであろうが、一方で撫子は霊威があると考えられ、神仏への多向けの花ともされていた。

斉藤道三もこれを家紋とし、靖国神社の斎藤伊豆入道着用の具足には、大和撫子が据えられている。

撫子と名の付く家紋には

撫子(なでしこ)/江戸撫子/出口撫子/捻じ撫子/雪持ち地抜き撫子/糸輪に豆撫子/糸輪に覗き撫子(いとわにのぞきなでしこ)/三つ割り撫子/浮線撫子(ふせんなでしこ)/割り撫子菱/撫子菱(なでしこびし)/枝撫子/撫子枝丸(なでしこえだまる)/
などがある家紋 家紋検索 丸に撫子紋
sn_itmfv_l at 11:27│clip!日本の家紋 | 家紋名