家紋ー由来ー茗荷紋とは?

★茗荷
茗荷の紋は、「冥加」の神仏の力、加護に通じるところから、縁起のよさを祝して生まれた紋で、摩陀羅神の神紋ともされ、その信仰的な意味も加わっている。

「茗荷」と名の付く家紋は

丸に一つ花杏葉(まるにひとつはなぎょうよう)/抱き茗荷(だきみょうが)/陰抱き茗荷/入り込み抱き茗荷/丸に中陰抱き茗荷/丸に陰抱き茗荷/石持ち地抜き抱き茗荷(こくもちじぬきだきみょうが)/ 丸に八つ割り抱き茗荷/ 丸に抱き花杏葉/石持ち地抜き杏葉(こくもちじぬきぎょうよう)/二重輪に抱き杏葉/薮杏葉/中輪抱き茗荷崩し/丸に変り抱き茗荷/薮変り杏葉(やぶかわりぎょうよう)/細輪に稲垣茗荷/抱き杏葉/別所花杏葉/鍋島花杏葉/立ち杏葉(たちぎょうよう)/鍋島杏葉/一つ関杏葉/違い一つ関杏葉/変り抱き花杏葉/田村茗荷/根違い茗荷/変り花抱き茗荷/花菱付き抱き茗荷(はなびしつきだきみょうが)/変り花抱き茗荷/変り抱き茗荷崩し(かわりだきみょうがくずし)/変り抱き茗荷/三つ割り変り茗荷/中陰変り抱き茗荷/変り抱き違い茗荷/抱き茗荷に三つ星に一/抱き茗荷に花菱(だきみょうがにはなびし)/丸に違い花杏葉/ 一つ蔓茗荷の丸/ 蔓茗荷の丸(つるみょうがのまる)/ 花茗荷の丸/ 中輪に三つ追い茗荷 /三つ追い茗荷/三茗荷巴(みつみょうがともえ)/三つ蔓茗荷/三つ割り茗荷(みつわりみょうが)/三つ追い茗荷に蔓/三つ追い茗荷に剣片喰(みつおいみょうがにけんかたばみ)/三つ追い茗荷に四つ目/変り三つ茗荷崩し/三つ茗荷崩し/花茗荷車(はなみょうがぐるま)/頭合わせ六つ茗荷/茗荷花車/三つ組み茗荷/三つ茗荷/花杏葉巴(はなぎょうようともえ)/三つ盛り抱き茗荷/丸に違い茗荷/茗荷蝶(みょうがちょう)/変り茗荷蝶/茗荷胡蝶(みょうがこちょう)/変り茗荷蝶/抱き茗荷菱(だきみょうがびし)/入れ違い茗荷菱/一つ花茗荷/三つ花茗荷(みつはなあみょうが)/一つ落ち花茗荷/茗荷枝丸/小城花茗荷/牧山花茗荷/隅切り角に抱き茗荷(すみきりかくにだきみょうが)/

などがある家紋 家紋検索 丸に抱き茗荷紋
sn_itmfv_l at 10:36│clip!日本の家紋 | 家紋名