いったい家紋は何種類あるの?

いったい家紋は何種類あるのだろう?
文献によってまた学者によって分かれるところですが、2万種程度と言われる人、また、何かの書物に5万種いやそれ以上かも知れないと書かれていた。
苗字の数は約30万だから2万種なら15家は同じ家紋を使っていることになるのだか。。。。。。。。。
十大家紋といわれるなかの「木瓜紋」「桐紋」などは数百家で用いている紋もある。
。。。。。。
紋ははっきりした数がわからないのは「紋」はどこにも届ける必要がないので。。
出生届や移転届などは市役所などに届ける必要がありますが、自分の「紋」が出来たからといってどこかに届ける必要がないのです。
いといって一度決めた紋をころころ変えるのは感心できません。
。。。。。。
つい最近、インターネットで展開しております「家紋シール」の注文に家紋帳をみて「水と剣と片喰紋」を組み合わせましたが、バランスがよくないので上手く組み合わせてください」という注文がありました。
分家するときに「新しく家紋を作られる場合もありますから、家紋はどれくらいありますか?
と訪ねれれても約2万種ぐらいと言うような返事になります。

私は聞かれるとこのように答えております。
”文献、学者によって見解はわかれるところです、2万種と言われる学者さん、5万種と言われる学者さんまたそれ以上ともいわれる意見もあるようです。”と答えています。
sn_itmfv_l at 09:39│Comments(0)TrackBack(0)clip!家紋 | 紋章

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔